ISIS-爆撃でなく交渉を

ISIS-爆撃でなく交渉を
ヨハン・ガルトゥング

イスラム教徒に対する無意味な爆撃を行えば行うほど、米国-西洋の敗北はますます増大し、ISISタイプの運動はますます増加し、西洋-イスラムの分極化はいっそう進む。ここからの出口はないものか?

 「ISISすなわちイラク-シリアにおけるイスラム国はカリフ制への希求に訴えている」とファーハン・ジョハンプールはIPSのコラムで書いている。ISISは、カリフ(地上における神の影)としてスルタンをいただくオスマン帝国のカリフ制――1516-17年の全面勝利から1922年における帝国とカリフ制の両者の崩壊までの――を希求しているのだ。

 プロテスタントであれ正教会であれ(それは英米人またはロシア人を意味する)、あるいはイスラム教徒であれ、何者かの手によるヴァティカン(カトリックではなく)の崩壊を想像してみよう。ヴァティカンとは、この世界における来世への過渡期の中心地――「精霊」(天国における神の流出)の使徒継承者である教皇によって統治される――である。それがなくなってしまったことを想像してみよう。

 そしてそれを崩壊させた者が、カトリックの国々を次々と、爆撃・侵略・征服・支配しようとする――アフガニスタン-イラクにおけるブッシュによる2つの戦争、パキスタン-イエメン-ソマリア-リビア-シリアにおけるオバマによる5つの戦争、そして「特殊作戦」のように――傾向にあることを想像してみよう。われわれは、(1)ヴァティカンへの希求、そして(2)加害者に対する極端な憎悪、を予測しないだろうか? 幸いにも、こうしたことは起こらなかった。

 しかし、中東ではこうしたことが起こったのだ。そして何十万もの人々の殺戮によって燃え上がったトラウマが残されることになった。1916年の英仏間の「サイクス・ピコ協定」がその崩壊に導いた。その結果、周知のように4つの植民地がもたらされた。より知られていない事実として、イスタンブルのロシアへの譲渡があった! そして1917年のバルフォア宣言は、アラブの土地の一部を「ユダヤ人のための民族的郷土(ナショナルホーム)」として提供することを約束した。ジョハンプールはチャーチルの言葉を引用している。すなわち、「彼らのものでない1つの土地を、同時に2つの民族に与えるのだ」と。

 中東の植民地は独立のための軍事的な蹶起によって西欧に対抗した。トルコのケマル・アタチュルクはその1つのモデルであった。第2の解放の形は、ムスリム同胞団、アルジェリアにおけるFIS(イスラム救国戦線)など、軍事的・世俗的独裁に対する軍事的イスラムによるものであった。西洋はミリタリー――歴史に抗しての秩序――を好むからだ。

 こうした希求を止めさせることはできない。ISISはこうした希求の1つの表現にすぎない。そしてそれは残忍である。しかし、オバマとその同盟国によるISISに対する加害と破壊とは、57ヵ国の16億人ものイスラム教徒の中から多数のISISを生み出すだろう。今日の小さな軍事工作、ここでのいくらかの「訓練」、そこでの戦闘、そして全面的な爆撃は、大きなうねりの小さな波紋にすぎない。

 遅かれ早かれ、この運動はスンナ派カリフ制を結果するであろう。そしてこれは彼らが希求している失われたものであり、もしイスラエルが「民族的郷土」を与えられていなかったならば、存在しているはずのものである。これが、米国-西欧のいくらかの焦燥の背後にあるものなのだ。解決はあるだろうか?

 ここからの出口は停戦と交渉である。国連安保理の完全な援助を受けた国連の支持のもとでこれを行うのだ。そして時間を稼ぐため、シリアとイラクにおけるバグダード、クルド人、シーア派イスラム教徒等を守るための防衛的な軍事戦略に切り替える。これは米国にとって問題含みである。ゆえに、いずれかの同盟国がそれをよりうまく行うことができよう――米国にはバグダードを残して。いずれにしてもバグダードの米国大使館はカリフ庁としてきわめて魅力的である。

ISISとその継承者の歴史的・文化的・政治的立場は強い。これに対して、経済的にも西洋は弱い。西洋は何かと引き換えに撤退することもできない。なぜなら、公式にはすでに撤退しているからである。西洋はしかし、過去を清算し、未来を切り開くという意味において、和解を提供することができる。米国では「アポロジスム」として知られるこの施策は、それを追求するのはきわめて困難である。しかし、「サイクス・ピコ協定」の責任は、米国は一度も負う必要がなく、英仏が負うものである。ロシアは1917年の革命によってそこから脱退した。しかしロシアはその謀略を暴露した。

 爆撃という名の残虐行為は、ISISによるいっそうの残虐行為に導くであろう。和解的な西洋であれば、その行為を変更することができる。1つの国際委員会が「サイクス・ピコ協定」とその余波について取り組み、それに関する補償を検討することができる。原則として、西洋はそのすべてを支払うことができないにしても。

 とりわけ将来における協力が重要である。西洋――米国はここではじめて参加できる――は、イスラエルに対してヨルダン川西岸地区(いくつかのカントンを残して)、ゴラン高原、パレスチナの首都としての東エルサレムを返還させることができる。その他に何があろうか? こうしてアラブとイスラエルとの長きにわたる戦争を不要にすることができるのだ。

 これが良識(ディーセンシー)、正気、理性というものであろう。問題は、西洋がこうした資質を持っているかということである。予後は暗い。

 英米の自己のイメージとして無謬性がある。あたかも人類への贈り物だと言わんばかりだ。頑固な抵抗者――決して弱くない――を文明化するために時には荒治療を施すのだ。謝罪でなくとも、少なくとも1967年以後未処理になっている政策を実行することである。しかし、その気配はない。

 ここまでは意志の問題である。しかし、西洋にその能力があるだろうか? 彼らは和解の方法を知っているだろうか? 1500年頃、ポルトガルと英国が東中国‐東アジアの海上交通路を制覇し、最終的にマカオと香港を自分たちのものとした後、また1839-1860年の第一次および第二次アヘン戦争――英仏軍による北京の清朝離宮の炎上で終わった――の後、英国は香港の移譲を過去の反省に立って行ったか? それに関してチャールズ王子からは一言の発言もなかった。

 中国は2つの植民地を平定することもできたであろう。しかし、そうはしなかった。一方、諸々の価値の中でもとりわけ報復に重きをおくイスラムと同じく、西洋もそうした資質を多分に持っている。

 西洋は奴隷制、植民地主義、帝国主義を行ってきた。わが祖国ノルウェーも、カリブ海諸国から奴隷制における共犯を非難されてきた。しかし、またしても参加している。2001年以後、これで4度目の戦争である。小さな反対ではオルタナティブにならない。

 ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール誌は、世界におけるテロリスト・グループとして次のリストをあげている。すなわち、イラク‐シリア、レバノン、パレスチナ、アルジェリア、モーリタニア、ニジェール、ナイジェリア、ソマリア、イエメン、パキスタン、インドネシア、フィリピン、ウズベキスタン、そしてチェチェンである。ここで名指しされたグループは類似の地域的な状況から生成した。彼らがあのカリフ制の希求を共有することを想像してみよう。オスマン帝国は、アフリカやアジアに向って今日の中東よりもさらに広大な地域にわたっていた。そしてさらに多くのグループが入ってくるだろう。そうなれば、どうにも手がつけられない。

 トルコ自身が、そうした夢を共有していることを想像してみよう。おそらくその中で主要な役割を果したいと望んでいるであろう(ダウトオール首相はかつてオスマン帝国に関する卓越したアカデミックな専門家であった)。トルコがこの反ISIS十字軍に事実において参加していない――そのように見える――のは、そうしたことが原因になっているのではないか?

 西洋は現実主義者の言う意味においてではなく、本当の意味で現実的にならねばならない。理性に基づく行動が求められているのである。

 

      (13 Oct 2014 TRANSCEND Media Service、日本語訳 藤田明史)

ISIS: Negotiation, Not Bombing

Johan Galtung

More senseless bombing of Muslims, more defeats for USA-West, more ISIS-type movements, more West-Islam polarization. Any way out?

 "ISIS, Islamic State in Iraq-Syria, appeals to a Longing for the Caliphate" writes Farhang Johanpour in an IPS column. For the Ottoman Caliphate with the Sultan as Caliph--the Shadow of God on Earth--after the 1516-17 victories all over till the collapse of both Empire and Caliphate in 1922, at the hands of the allies England-France-Russia.

 Imagine the collapse of the Vatican, not Catholic Christianity, at the hands of somebody, Protestant or Orthodox Christians, meaning Anglo-Americans or Russians, or Muslims. A center in this world for the transition to the next, headed by a Pope, the apostolic successor to The Holy Spirit, an emanation of God in Heaven. Imagine it gone.

 And imagine that they who had brought about the collapse had a tendency to bomb, invade, conquer, dominate Catholic countries, one after the other, like after 2 Bush wars in Afghanistan-Iraq, 5 Obama wars in Pakistan-Yemen-Somalia-Libya-Syria, and "special operations". Would we not predict [1] a longing for the Vatican, and [2] an extreme hatred of the perpetrators? Fortunately, it did not happen.

 But it happened in the Middle East: leaving a trauma fueled by killing hundreds of thousands. The Sykes-Picot England-France agreement of 16 May 1916 led to the collapse, with their four well-known colonies, the less known promise of Istanbul to Russia(!), and the 1917 Balfour declaration offering parts of Arab lands as "national home for the Jewish people". Johanpour quotes Churchill: "Selling one piece of real estate, not theirs, to two peoples at the same time".

 The Middle East colonies fought the West through military coups for independence; Kemal Ataturk was a model. The second liberation is militant Islam—Muslim Brotherhood, FIS-Federation Islamique de Salvation in Algeria, etc.—against military-secular dictatorships. The West prefers the military; order against history.

The longing cannot be stopped. ISIS is only one expression, and exceedingly brutal. But, a damage and destruction by Obama and allies will be followed by a dozen ISIS from 1.6 billion Muslims in 57 countries. A little military politicking today, some "training" here, fighting there, bombing all over, are only ripples on a groundswell.

 This will end with a Sunni caliphate sooner or later. And, the lost caliphate they are longing for, had not Israel been awarded a "national home". This is behind some of the US-West despair. Any solution?

 The way out is cease-fire and negotiation. Under United Nations auspices, with full UN Security Council backing. To gain time, switch to a defensive military strategy, defending Baghdad, the Kurds, the Shia and others in Syria and Iraq. Problematic for the USA, so maybe some other members of the coalition can do better, leaving Baghdad to the USA. After all, the US embassy there must be very attractive as a Caliphate See.

 The historical-cultural-political position of ISIS and its successors is strong; the West is weak, also economically. The West cannot offer withdrawal in return for anything as it has already officially withdrawn. The West, however, can offer reconciliation, both in the sense of clearing the past and opening the future. Known in USA as "apologism" a difficult policy to pursue. But the onus of Sykes-Picot is for once not on the USA, but on UK-France. Russia dropped out after the 1917 revolution, but revealed the plot.

 Bombing, an atrocity, will lead to more ISIS atrocities. A conciliatory West might change that. An international commission could work on Sykes-Picot and its aftermath, and open the book with compensation on it. As a principle; the West cannot pay anyhow.

 Above all, future cooperation. The West, and here USA enters, could make Israel return the West Bank, except for small cantons, the Golan Heights, and East Jerusalem as Palestinian capital--or else!--sparing the Arabs and the Israelis horrible long-lasting warfare.

 This would be decency, sanity, rationality; the question is whether the West possesses these qualities. The prognosis is dim.

 There is the Anglo-American self-image as infallible, a gift to humanity, a little rough at times civilizing the diehards, but not weak. If not an apology, at least they could wish their own policies in the region since, say, 1967, undone. No sign of that.

 So much for the willingness. Does the West have the ability? Do they know how to reconcile? After Portugal and England conquering the East China-East Africa sea lane around 1500, ultimately establishing themselves in Macao and Hong Kong, after the First and Second Opium wars 1839-1860 in China, ending with Anglo-French forces burning the Imperial Palace in Beijing, did England use the "hand over" of Hong Kong for reflections on the past? Not a word from Prince Charles.

 China could have flattened those two colonies--but did not. As Islam has retaliation among its values, the West may be in for a lot.

 Slavery, colonialism, imperialism. My country, Norway, accused by Caribbean countries of complicity in slavery, is now joining; it is the fourth war since 2001. Yet the tiny opposition has no alternative.

 Le Nouvel Observateur lists "groupes terroristes islamistes" in the world: Iraq-Syria, Lebanon, Palestine, Libya, Algeria, Mauritania, Niger, Nigeria, Somalia, Yemen, Pakistan, Indonesia, Philippines, Uzbekistan, and Chechnya. The groups, named, grew out of similar local circumstances. Imagine they increasingly share that longing for a caliphate; the Ottoman Empire covered much more than the Middle East, way into Africa and Asia. And more groups are coming. Invincible.

 Imagine that Turkey itself shares that dream, maybe hoping to play a major role (the Prime Minister, Davutoglu, was in his past a superb academic, specialist on the Empire). Could that be the reason for Turkey not really joining, as it seems, this anti-ISIS crusade?

 The West should be realistic, not "realist". Switch to rationality.

 (13 Oct 2014 - TRANSCEND Media Service)

Comments