研究会

21年10月24日(日)19:00-21:00 ZOOM

テーマ

日本における平和創造力を涵養する積極的平和教育の構築――平和教育実践者と紛争解決支援者の視点から

発表者:高部優子

参加者募集中

Eメールまたはお電話でお申し込みください。

Eメール info@transcendjapan.X

Xnetに置き換えてください。迷惑メール対策です)

電話番号 080-4233-0220

終了報告

テーマ「小学六年生に日本軍『慰安婦』問題を教育する意味」 

発表者:藤田康郎

8月22日(日)

小学校で6年生を対象に絵本を使った従軍慰安婦問題の授業を対象にして、平和教育と性教育の統合を考える。

また感想文のテキストマイニング分析を通して、男子生徒と女子生徒の違いについて考察し、今後の性教育と平和教育について考える。

テーマ「アメリカ心理学会投稿マニュアル第7版(2020)の新基準JARS:質的研究者VS量的研究者の和解と連携のために」 

発表者:いとうたけひこ(和光大学)

6月27日(日)

テーマ「『帝国主義の構造的理論』から現代を読む」 

発表者:藤田明史

18日(日)

テーマ「利益相反(conflict of interest)の観点からコロナ問題を考える」 

発表者:伊藤武彦

21日(日)

テーマ「『帝国主義の構造的理論』から現代を読む」 

発表者:藤田明史

4月18日(日)