講師派遣

本研究会では、ヨハン・ガルトゥング氏のトレーニングを受け、トレーナー&準トレーナーとして認定された研究会員がワークショップ(参加型学習)をファシリテートします。

これまでにさまざまな団体から依頼を受け、トレーナーをワークショップの講師として派遣してきました。これまでに開催したワークショップなどは経歴コーナーでご覧いただけます。

講師は、以下のメンバー以外にもいます。

詳しくは、事務局までお尋ねください。

淺川和也

明治学院大学国際平和研究所研究員。高等学校教諭をへて前東海学園大学教員(教授)。平和教育地球キャンペーンやGPPAC(Global Partnership for Preventing Armed Conflict,紛争予防のためのグローバルパートナーシップ)平和教育部会やIIPE(International Institute on Peace Education)に参加し、世界的な平和教育のネットワーキングにつとめている。参加型で学ぶ平和教育のあり方を追究している。大正大学文学部哲学科宗教学コース卒業。コロンビア大学ティーチャーズカレッジ大学院修了(MA)。立教大学大学院修士(社会学)。「平和教育地球キャンペーン」(Global Campaign for Peace Education, GCPE)に参加し、平和教育の国際的な活動に携わっている。また、「武力紛争予防のためのグローバルパートナーシップ」(GPPAC)の平和教育専門グループにくわわっている。共著に『学習の転換』国土社、『地球市民への入門講座』三修社。共訳に『戦争をなくすための平和教育』明石書店、『平和をつくった世界の20人』岩波ジュニア新書など。

奥本京子

<自己紹介> 大阪女学院大学で、平和紛争学、Conflict Resolution、Transformative and Restorative Approaches to Communitiesなどの授業を受け持つ。2019年現在、ナルピ(NARPI、東北アジア地域平和構築インスティテュート)運営委員会委員長として、毎年夏季に、東北アジアにおける歴史的コンフリクト転換のための実践的平和トレーニングを提供している(www.narpi.net)。日本平和学会理事、国際交流委員会委員長。非暴力平和隊・日本理事。MPI(ミンダナオ平和構築インスティテュート)にてファシリテータを務める。

<ワークショップ内容> 「平和ワークにおける芸術アプローチ」が研究・実践の中心的な軸です。歌・ダンスが苦手な人も、絵を描くのにアレルギーがある人も、本来わたしたちは市民としてアーティストであるとの信念から、楽しく創造的に身体と心を使ったワークを通して、また頭を使った議論も大事にしながら、共に平和を創るとはどういうことか、コンフリクトを転換するとはどういうことか、バランスよく考えていきます。「紛争解決」「非暴力的なコミュニケーション」「平和的な組織の運営」「いじめ防止」「人を重視した平和構築」など、多様なニーズにお応えしますので、どうぞ気軽にご相談ください。